Getty/Phoebe Fox

Photo: Getty/Phoebe Fox

ザ・1975のマット・ヒーリーとホリー・ハンバーストーンが一緒に曲を書いていることがファンによって発見されている。

ファンは2人がソングライティングにクレジットされている曲が著作権管理団体のASCAPに登録されているのを発見している。

“Please Don’t Leave Just Yet”という曲にはマット・ヒーリーとホリー・ハンバーストーンの他に3人目のソングライターとしてロバート・ジェイムス・ミルトンがクレジットされている。

ロバート・ジェイムス・ミルトンはホリー・ハンバーストーンのEP『フォーリング・アスリープ・アット・ザ・ホイール』のプロデューサーで、イージー・ライフやフィン・アキューともコラボレーションを行っている。

ASCAPについてはハイムが“Gasoline”のリミックスでテイラー・スウィフトとコラボレーションを行ったこともサイトから明らかになっている。“Gasoline”のリミックスは本日リリースされている。

先日、ザ・1975のマット・ヒーリーはサイドプロジェクトのドライヴ・ライク・アイ・ドゥについて最新情報を公開しており、「少し新曲」もあると述べている。

マット・ヒーリーは以前からドライヴ・ライク・アイ・ドゥ名義でのリリースに取り組んでいると述べており、ザ・1975とは「別々の存在」だと語っていたドライヴ・ライク・アイ・ドゥの楽曲が2月にリリースされると語っていた。

ホリー・ハンバーストーンは先日『NME』のためのセッションで“Vanilla”と“Deep End”を披露している。

セッション映像はこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ