PRESS

Photo: PRESS

アンドリューW.K.は復帰シングルとなる“Babalon”がミュージック・ビデオと共に公開されている。

「パーティーの神」と自称する“Babalon”は2018年発表のアルバム『ユーアー・ノット・アローン』以来の新曲で、彼にとってナパーム・レコーズからの初のリリースとなる。

“Babalon”はフェム・C・パーマーが監督したミュージック・ビデオと共に公開されており、アンドリューW.K.が自身に似ている人物に見られながら楽曲をパフォーマンスするものとなっている。

“Babalon”のミュージック・ビデオはこちらから。

“Babalon”は赤と青の限定7インチでもリリースされており、Bサイドにはインストゥルメンタル曲“The Party Gods”が収録される。7インチにはアンドリューW.K.によるサインの入った3Dグラスが付いてくる。

2018年にアンドリューW.K.は自分の曲を聴いてスピード違反をしてしまったファンの罰金を肩代わりすることを申し出ている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ