Getty

Photo: Getty

フー・ファイターズのデイヴ・グロールはニルヴァーナの予期せぬ解散の精神的苦痛とカート・コバーンが与えた大きな音楽的影響について語っている。

アップル・ミュージックのラジオに出演したデイヴ・グロールはニルヴァーナが1990年代初期に経験した世界的名声に最初は驚いたと語っている。

「まだヴァンに乗りながら、自分たちの前で起こっていることを見ていたんだ」とデイヴ・グロールは語っている。

「ライヴがどんどん大きくなっていったね」と彼は説明している。「観客の数がどんどん増えていって、会場の中の観客よりも会場の外の観客のほうが多かったんだ。何かが起こっているのは分かっていたけど、ここまで大きなものになるとは予想していなかったんだ。僕らの誰も予想していなかったと思う」

1994年にカート・コバーンが自殺して、バンドが解散となったことにデイヴ・グロールは予期せぬ解散について「人生最大の苦痛」の一つだったと振り返っている。

「もちろん、非常に試練となる体験で、人生最大の苦痛の一つだったね。もうニルヴァーナで音楽を作ることができないという事実はね」と彼は語っている。

「ニルヴァーナだったか、それ以外の形にしても、カートがもう素晴らしい曲を書いていない事実は人生最大の苦痛だね。彼が才能に恵まれていたのは明らかだったからね」

「彼は僕らの世代で最も偉大なソングライターだったと言って問題ないと思う。彼のドラマーで、毎晩彼とあれらの曲を演奏できたことをすごく誇りに思っているんだ」

先日、デイヴ・グロールはニルヴァーナの消滅からフー・ファイターズが生まれた経緯について『NME』に語っている。

「このプロジェクトを長い間、秘密にしてきたことを考えると面白いよね。その理由の一つはみんなに判断されるのが怖かったからなんだ」

「最初は自分で作ったちょっとした風変わりなデモ・テープだったんだ。それはまさに自分そのものだったから、公開するのが怖かったんだ」

先日、デイヴ・グロールはニルヴァーナの『ネヴァーマインド』が今年で30周年を迎えることについて語っている。

「何周年っていうのは面白いよね。というのも、何度もあるわけだからさ。でも、僕らはまだ話をしていないんだ」とデイヴ・グロールは語っている。

「カートの音楽が30年経つことを讃えようと何かしらの話があるのは知っているけど、具体的なことは知らないんだ。まったくね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ