YouTube

Photo: YouTube

キング・クリムゾンのロバート・フリップと妻のトーヤ・ウィルコックスはヴァレンタインに際してソフト・セルの“Tainted Love”をカヴァーしている。

2人は新型コロナウイルスのパンデミックの間にロックの名曲など、様々なカヴァー動画を公開してきている。

今回はいつものキッチンではなく、ベッドルームから1981年発表の“Tainted Love”を披露している。

“Tainted Love”のカヴァーでは2人が共にギターを弾いており、ロバート・フリップの顔にはキスマークが付けられている。

パフォーマンス映像はこちらから。

トーヤ・ウィルコックスのYouTubeチャンネルでは2020年からサンデー・ランチと題した動画を公開してきており、自宅からニルヴァーナデヴィッド・ボウイ、セックス・ピストルズなどをカヴァーした映像が公開されてきた。

昨年10月、元キング・クリムゾンのメンバーであるゴードン・ハスケルが亡くなった。享年74歳だった。ロバート・フリップはグレッグ・レイクが脱退したことを受けて、1970年にゴードン・ハスケルを誘っている。

また、昨年3月には元キング・クリムゾンのドラマーであるビル・リーフリンが亡くなっている。享年59歳だった。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ