PRESS

Photo: PRESS

スロータイはスケプタとのコラボレーションとなる新曲“Cancelled”がミュージック・ビデオと共に公開されている。

“Cancelled”は2月12日にリリースされるスロータイのセカンド・アルバム『タイロン』に収録される楽曲で、『ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン』でパフォーマンスも披露されている。

プレス・リリースでスロータイは“Cancelled”について「嫌いな人に立ち向かう」曲だと述べている。

“Cancelled”のミュージック・ビデオはこちらから。

パフォーマンス映像はこちらから。

ザ・レストが監督を務めた“Cancelled”のミュージック・ビデオはスロータイとスケプタが90年代のバドワイザーのコマーシャルをパロディーにしたもので、お互い電話を掛け合っている。オリジナルのCMでは「ワッツアップ?」と言っているところをジャマイカのスラングである「ワグワン」と言っている。

ミュージック・ビデオには『アメリカン・サイコ』、『羊たちの沈黙』、『キャンディマン』、『エルム街の悪夢』、『悪魔のいけにえ』といった映画からの引用が含まれている。

2019年発表のデビュー・アルバム『ナッシング・グレート・アバウト・ブリテン』に続く『タイロン』は“NHS”、ジェイムス・ブレイクとマウント・キンビー参加の“Feel Away”、エイサップ・ロッキー参加の“Mazza”といった楽曲が収録される。

スロータイは新作についてジェイ・Zとアークティック・モンキーズのフロントマンであるアレックス・ターナーからの影響があると語っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ