GETTY

Photo: GETTY

スティーヴン・ウィルソンはエディ・ヴァン・ヘイレンのギター・スタイルを批判したことについてウォルフガング・ヴァン・ヘイレンに謝罪している。

先日、スティーヴン・ウィルソンは『フェイスカルチャー』のインタヴューで「正直、心を動かされることはなかったんだ。というのも、ファンではなかったからね」と語り、批判を受けることになっている。

彼は次のように語っている。「彼が途轍もないミュージシャンであることは分かっているし、そして途轍もないアーティストが亡くなった時は常に悲しいものだけれど、僕はいわゆるギタリスト的なメンタリティのファンではなかったんだ。いろんな意味で彼はそうしたムーヴメント全体の父親的なところがあったと思うんだよね」

ヴァン・ヘイレンの息子であるウォルフガング・ヴァン・ヘイレンはスティーヴン・ウィルソンのコメントについて彼の音楽のファンだと述べ、「くそっ、これには傷ついたんだ」とツイートしている。

今回、スティーヴン・ウィルソンはツイッターでウォルフガング・ヴァン・ヘイレンに宛てて、この騒動について謝罪し、彼の発言の文脈について説明している。

「親愛なるウォルフガング・ヴァン・ヘイレン、謝罪するよ。途轍もないミュージシャンであるあなたの父親を侮辱するつもりはなかったんだ。個人的にヴァン・ヘイレンのアルバムを持っていなくて、あのプレイスタイルにのめり込んだことはなかったけど、彼は明らかに驚くべき革新者だった」

スティーヴン・ウィルソンは次のように続けている。「亡くなったことに訊かれて、正直そこまでは心を動かされたとは言えなかった。少なくともデヴィッド・ボウイやプリンスが亡くなった時ほどは心を動かされることはなかったんだ」

「正直さと謙虚さと共にこの発言をさせてもらうよ。意図せぬ無礼があったら許してほしい。心からのお悔やみを申し上げます」

ウォルフガング・ヴァン・ヘイレンはこのツイートに対して「親切にありがとう」と述べている。

先日、スティーヴン・ウィルソンはディープフェイクの技術でドナルド・トランプ元大統領やジョー・バイデン大統領、デヴィッド・ボウイ、ポール・マッカートニー、マーク・ザッカーバーグなどに返信する“Self”のミュージック・ビデオが公開されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ