PRESS

Photo: PRESS

フィニアスはニュー・シングル“American Cliché”のリリック・ビデオが公開されている。

“American Cliché”は2020年に発表されたクリスマス・ソング“Another Year”以来のシングルで、2021年にリリースされる最初のソロ曲となる。

“American Cliché”のリリック・ビデオはこちらから。

“American Cliché”のアートワークはオリヴィア・ロドリゴの“Drivers License”のアートワークに参加したルーク・フェンスティメイカーが手掛けている。

フィニアスはここ数ヶ月で“Can’t Wait To Be Dead”、“What They’ll Say About Us”といった曲もソロ名義でリリースしてきている。

フィニアスは今年のグラミー賞でビリー・アイリッシュとの作品で3部門にノミネートされている。

“Everything I Wanted”が最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞にノミネートされているほか、映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』に提供した“No Time To Die”が最優秀楽曲賞映画、テレビ、その他映像部門にノミネートされている。

先日、フィニアスは『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』に続くビリー・アイリッシュの新作について新型コロナウイルスのパンデミックが収まるまではリリースされないだろうと語っている。

また、フィニアスはベニー・ブランコと共にジャスティン・ビーバーが10月にリリースしたシングル“Lonely”にソングライティングで参加している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

ビッコレ
ビッコレ
関連タグ