GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトは最新作のタイトル『エヴァーモア』と同名のユタ州プレザント・グローヴにあるテーマパークから商標権侵害で訴えられている。

テイラー・スウィフトは新型コロナウイルスの隔離期間に制作したアルバム『フォークロア』を昨年7月に、『エヴァーモア』を12月にリリースしている。

エヴァーモアという名のテーマパークは来場者の混乱を招き、グーグル検索での探しやすさに悪影響を与えたとして、テイラー・スウィフトに数百万ドルの賠償金と裁判費用を求める訴訟を現地時間2月2日に起こしている。

これを受けてテイラー・スウィフトは裁判所に提出した手紙で次のように述べている。「端的に言えば、テイラー・スウィフト側はあなたの顧客の商標を侵害していません」

「あなたの顧客のテーマパークやその関連商品とテイラー・スウィフトの音楽とその関連商品を混同するほどの類似性があるとは考えられません」

テイラー・スウィフト側はテーマパークが販売している「龍の卵やギルドのパッチ、龍の置物」などはテイラー・スウィフトのサイトで販売されている商品とは類似性がないと述べている。

昨年、テイラー・スウィフトは全米アルバム&シングル・チャートで同時1位を2度獲得した史上初のアーティストとなっている。

テイラー・スウィフトは12月26日付けの全米アルバム・チャートで『エヴァーモア』が1位を獲得し、全米シングル・チャートでは“willow”も1位を獲得している。

テイラー・スウィフトは昨年7月にリリースした前作『フォークロア』とシングル“cardigan”でも全米アルバム・チャートとシングル・チャートで同時に初登場1位を達成しており、これによって2つのチャートでの同時1位を2度獲得した史上初のアーティストとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ