GETTY

Photo: GETTY

ザ・ウィークエンドはスーパーボウルのハーフタイム・ショウを完全生中継で行うことが明らかになっている。

本名をエイベル・テスファイというザ・ウィークエンドは現地時間2月7日にハーフタイム・ショウを行うことが決定している。

ハーフタイム・ショウのプロデューサーであるジェシー・コリンズは新型コロナウイルスに伴う指示でハーフタイム・ショウを事前収録で行うことも考えられたが、全編生中継になると語っている。

「すべてがあの瞬間にスタジアムで行われることになります」とジェシー・コリンズは『エンタテインメント・トゥナイト』に語っている。「前にやっていた人もいますが、他のスタジアムから中継を繋ぐようなことは考えませんでした。幸運にもこのような状況でもライヴ、ライヴのショウをやることができるのです」

「正真正銘のエンタテインメントになるようにしなければなりません。巨大なステージや派手な演出からは離れて、アーティストを特別な存在にしている核心に迫るものにします」

ハーフタイム・ショウに期待できるものとしてジェシー・コリンズは次のように続けている。「予想もしなかったことがたくさん起こることになります。楽しいものになるはずです。完璧ですから」

「私たちは9月から取り組み始めましたが、メッセージが形となっています。ザ・ウィークエンドがこのパフォーマンスで伝えたいメッセージと世界観が会ったのです。非常に特別なものになっています」

先週、ザ・ウィークエンドはハーフタイム・ショウに自費を700万ドル(約7億円)をつぎ込んだことが明らかになっている。

ハーフタイム・ショウの通常の経費はスーパーボウルの主催者が負担するが、「ハーフタイム・ショウを自身の目指しているものにするために」自費を700万ドルつぎ込んだとされている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ