GETTY

Photo: GETTY

スパイス・ガールズのメラニー・チズムはデビュー・シングル“Wannabe”の25周年を記念したプランについて話をしていると明かしている。

新たなインタヴューでメラニー・チズムは1996年7月8日にリリースされて世界各地でチャートのトップに立った“Wannabe”の25周年がどんなものになりそうか話している。

「私たちにとっては議題のトップになっているの」とメラニー・チズムはポッドキャスト『ポップ・ショップ』で語っている。「2019年にツアーをしてから、私は『もっとライヴを、もっとライヴを』という感じだったんだけど、悲しいことに今年はできないだろうから、そう、もう一度考え直しているところなの」

彼女は次のように続けている。「いくつかのアイディアには取り組んでいるわ。あまり多くは言えないけどね……でも、25周年をお祝いして感謝したいわ。すごいことよね。私たちは自分たちの栄光に誇りを持っているからね。できるだけ最善の形でお祝いをしたいわ」

インタヴューでメラニー・チズムは新曲をレコーディングすることは考えているのかとも訊かれている。

「そうね。新曲については話をする時はすごくナーヴァスになるのよ」と彼女は認めている。「というのも、あれだけ大きな成功を収めて、素晴らしいバック・カタログがあるからね。無理にやりたくないからね。ちゃんといいものじゃなきゃやりたくないのよ」

「常に話をしてきているけど、機会があるとしたら、自然な形で起こると思う。それだったらやるわ。でも、無理にやりたくはないのよ」

今月、メラニー・チズムはヴィクトリア・ベッカムがスパイス・ガールズへの復帰について考えを変えつつあると語っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ