GETTY

Photo: GETTY

クレイロはメンタル・ヘルスの問題に言及した繊細な新曲“Just For Today”が公開されている。

内省的な新曲は本名をクレア・コットリルというクレイロがギターの弾き語りで歌うもので、子犬のジョーニーに少し中断させられるところも収められている。

インスタグラムでクレイロはオーディオ・ファイルを再生する画面の映像を投稿している。

公開された音源はこちらから。

「みんなのことは分からないけど、私のメンタル・ヘルスは隔離期間が始まって大きく落ち込むことになった」とクレア・コットリルはキャプションで述べている。

「時々こんなに悪かったことはないと思うほどだった。新たな瞑想を行って、ホットラインに電話して、精神科医との面談を経て、今はもう一度より自分自身らしく感じている。私はこの曲を昨晩書いた。しがみつく理由はないとも思うんだけどね。みんながこの曲とジョーニーの声を楽しんでもらえたらと思う。ありがとう」

昨年10月、クレイロは新バンドとなるシェリーの最初の2曲を公開している。

シェリーにはクレア・コットリルのほか、フィービー・ブリジャーズが契約したクラウド、ジョシュ・メーリング、ノア・フランシス・ゲッツグが参加している。

「私は親友とバンドを組んで、A面/B面サイドとして“Steeeam”、“Natural”を公開するわ」とクレイロはインスタグラムで述べている。「隔離期間の間にロサンゼルス、シカゴ、ヒューストン、アトランタですべてを作ったの。チェックして楽しんでくれればと思うわ」

シェリーの音源はこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ