GETTY

Photo: GETTY

ブルース・スプリングスティーンはジョー・バイデンの大統領就任に伴って放送された特別番組『セレブレイティング・アメリカ』に出演して、“Land Of Hope and Dreams”をリリースしている。

ジョー・バイデンは正式に第46代大統領に就任しており、『セレブレイティング・アメリカ』にはフー・ファイターズ、デミ・ロヴァート、ジョン・レジェンドらが出演している。

ブルース・スプリングスティーンは『セレブレイティング・アメリカ』でワシントンD.C.のリンカーン記念館から1999年発表の“Land Of Hope and Dreams”を披露している。

「今夜、肌寒いワシントンD.C.にいられることを誇りに思います」とブルース・スプリングスティーンは語っている。「私たちのためにささやかな祈りを捧げたいと思います」

ブルース・スプリングスティーンのパフォーマンス映像はこちらから。

ブルース・スプリングスティーンは出演後、歌詞の一節を引用して次のようにツイートしている。「おまえの悲しみはここに残して行こう/過去とは今日が最後に区切りをつけよう/明日になれば太陽が輝き/闇はすべて過ぎ去っている/大きな車輪が進む/太陽の光射す草原を/さあ行こう 希望と夢の国へ」

ジョー・バイデンの大統領就任式ではレディー・ガガとジェニファー・ロペスがパフォーマンスを行っている。

レディー・ガガが国歌斉唱を行ったほか、ジェニファー・ロペスはジョー・バイデンの大統領就任に先立って“This Land Is Your Land”と“America The Beautiful”のメドレーを披露している。

また、ニュー・ラディカルズはジョー・バイデンの大統領就任に際して22年ぶりにパフォーマンスを行っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ