PRESS

Photo: PRESS

オリヴィア・ロドリゴは“Drivers License”のヒットに対する感想を語り、「想像だにしない」と述べている。

カリフォルニア州出身のオリヴィア・ロドリゴは“Drivers License”を1月8日にリリースし、全英と全米のシングル・チャートで首位を獲得している。“Drivers License”はTikTokで話題となって、彼女にとって「アイドル」であるテイラー・スウィフトからも賛辞が寄せられている。

『NME』の新たなインタヴューで17歳のオリヴィア・ロドリゴは“Drivers License”が自身のヒーローや聴いて育ってきた人たちの記録を破ったことについて語っている。

「何もかもすごかったわ。曲が獲得した認知は想像だにしないものだったわ」と彼女は説明している。「テイラー・スウィフトは私のソングライティングのアイドルで、彼女がいなければ女性としてもソングライターとしても今の半分にもなれなかったわ。そんな彼女が連絡をくれて、曲を支持してくれたの」

「この間はロードも気に入ってくれて、ホールジーも気に入ってくれているのを知った。聴いて育ってきた人たちがみんな、この曲を気に入っていると言ってくれるの」

先述のアーティストの音楽がこれまで彼女が書いてきた曲に影響を与えているため、そうした反響は「完全に非現実的なもの」だったとオリヴィア・ロドリゴは語っている。

オリヴィア・ロドリゴはポップ・ミュージック界以外にも影響を与えていて、ブリンク182のトラヴィス・バーカーとジェイデンは“Drivers License”をロック・アレンジでカヴァーしている。

“Drivers License”はクリスマス・ソングを除いて1日に最も再生された楽曲の新記録を達成しており、全米シングル・チャートで初登場1位を獲得した48曲目の曲となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ