LilTunechi/Twitter

Photo: LilTunechi/Twitter

ドナルド・トランプ大統領は1日の執務としては最後になった日にリル・ウェインを赦免し、コダック・ブラックの刑期を減刑している。

『ブルームバーグ』の報道によれば、先日、リル・ウェインはドナルド・トランプ大統領が赦免する人物のリストに挙がっていた。現地時間1月19日、それが事実であったことが明らかになっている。

リル・ウェインとコダック・ブラックはドナルド・トランプ大統領の執務最終日に赦免や減刑された140人以上に含まれている。その中には極右メディアのブライトバート・ニュースの創設者で、ホワイト・ハウスの最高戦略責任者だったスティーヴン・バノンも含まれている。

昨年12月、リル・ウェインは2019年12月の事件で銃器の所持の罪で有罪と宣告されていた。彼はカリフォルニアからフロリダへのプライベート・ジェットによるフライトでハンドガンを違法に所持していて逮捕されている。リル・ウェインは1月28日に裁判に出廷する予定で、最大で懲役10年の罪が課せられる。

リル・ウェインは昨年10月に大統領選挙に先立ってドナルド・トランプ大統領と面会したことで、2人の写った写真はソーシャル・メディアで批判が寄せられることになっていた。

「刑事改革でこれまでやってきたことは脇において会えて素晴らしかったよ。プラチナムなプランがコミュニティの真の所有権を与えてくれることになる。今日は俺たちが言わなければならないことを聞いてくれて、やり遂げると断言してくれたんだ」

リル・ウェインは再びツイッターで今回の赦免について触れている。

「彼も夢を持っているから、俺は夢を叶えることができるんだ。ずっと心に留めておくよ。ずっと感謝だね。彼も夢を持っているから、俺は夢を見続け、夢が永遠になる。キングよ。永遠に」と彼はツイートしている。

コダック・ブラックは銃器の所持で懲役46ヶ月の刑期を務めている。彼は銃を購入しようとして情報を改ざんしたとして有罪になり、2019年11月に刑期を宣告されている。

コダック・ブラックは昨年、ドナルド・トランプ大統領が早く釈放してくれるなら100万ドルを寄付すると現在は消されているツイートで述べていた。

先日、リル・ヨッティはドナルド・トランプ大統領に宛ててコダック・ブラックを釈放するように呼びかけていた。

コダック・ブラックはドナルド・トランプ大統領による減刑について記事執筆時点でコメントしていない。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ