PRESS

Photo: PRESS

ゴート・ガールは来たるニュー・アルバムより新曲“Badibaba”が公開されている。

“Badibaba”は“Space Cowboy”や“The Crack”に続く楽曲で、1月29日にラフ・トレードがリリースされるセカンド・アルバム『オン・オール・フォーズ』に収録される。

ゴート・ガールのシンガー/ギタリストであるL.E.D.は“Badibaba”について「環境の破滅的状況とそれによる悲観主義や自己破壊」の問題を扱っていると述べている。

“Badibaba”のリリック・ビデオはこちらから。

メンバーのクリームは次のように続けている。「地球の存在が搾取的なシステムにコントロールされていることとそれによる実存的無力感の感情に触れているの」

今回の新曲の公開に伴ってゴート・ガールは9月にUKツアーを予定していることも発表している。

新作の日本盤CDには解説および歌詞対訳が封入され、ボーナス・トラックが追加収録される予定となっている。アナログ盤は通常ブラックと限定クリア・ピンクの2種類が販売される。

リリースの詳細は以下の通り。

label: BEAT RECORDS / ROUGH TRADE
artist: Goat Girl
title: On All Fours
release date: 2021/01/29 FRI ON SALE
国内盤CD
国内盤特典: ボーナス・トラック追加収録/ 解説書・歌詞対訳封入
RT0154CDJP ¥2,200+税
輸入盤CD
RT0154CD ¥1,900 +tax
輸入盤LP
RT0154LP ¥2,850 +tax
限定盤LP
RT0154LPE(transparent pink vinyl) ¥2,850+税
01. Pest
02. Badibaba
03. Jazz (In The Supermarket)
04. Once Again
05. P.T.S.Tea
06. Sad Cowboy
07. The Crack
08. Closing In
09. Anxiety Feels
10. They Bite On You
11. Bang
12. Where Do We Go?
13. A-Men
+日本盤ボーナス・トラック

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ