PRESS

Photo: PRESS

ビー・ジーズのバリー・ギブは今月リリースされた『グリーンフィールズ:ザ・ギブ・ブラザーズ・ソングブック Vol. 1』よりドリー・パートンとの“Words”のスタジオ・セッション映像が公開されている。

『グリーンフィールズ:ザ・ギブ・ブラザーズ・ソングブック Vol. 1』はギブ・ブラザーズの12曲が、アリソン・クラウス、ブランディ・カーライル、デヴィッド・ローリングス、ドリー・パートン、ギリアン・ウェルチ、ジェイソン・イズベル、ジェイ・ブキャナン、キース・アーバン、リトル・ビッグ・タウン、ミランダ・ランバート、オリビア・ニュートン・ジョン、シェリル・クロウ、トミー・エマニュエルとのコラボレーションによって新たにレコーディングされている。

“Words”のスタジオ・セッション映像はこちらから。

『グリーンフィールズ:ザ・ギブ・ブラザーズ・ソングブック Vol. 1』はバリー・ギブにとってソロでは初となる全英アルバム・チャート1位を獲得している。

このアルバム制作経験についてバリー・ギブは次のように語っている。「ナッシュビルのRCAスタジオに初めて入った日から、このアルバムはひとりでに命を持ち始めた。デイヴ・コブを初め、スタジオに立ち寄ってくれたすべてのアーティストたちと共に仕事をする機会を得られたことに、これ以上ないほど感謝している。誰もが自分の時間と才能を本当に惜しみなく発揮してくれた。言葉では言い表せないほどの刺激を与えてもらった。モーリスとロビンも、それぞれ別の観点からこのアルバムを気に入ってくれるだろうと心の底から感じている。3人で一緒にこのアルバムを作れたらよかったのだが……それでも、心の中では一緒だったと思っている」

アルバムのストリーミングはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ