GETTY

Photo: GETTY

フー・ファイターズのフロントマンであるデイヴ・グロールは“No Son Of Mine”がモーターヘッドのフロントマンであるレミー・キルミスターに捧げた曲であることを明かしている。

『OK!』誌の新たなインタヴューでデイヴ・グロールは2月5日にリリースされる新作『メディスン・アット・ミッドナイト』に収録される新曲の詳細について言及している。

“No Son Of Mine”がレミー・キルミスターに捧げた曲であることを示唆して、デイヴ・グロールはこの曲が「カントリーのスウィング」から始まり、「よりアグレッシヴにすることを決めて、それでこのゴツいリフに変えたんだ」と語っている。

「レミーが生きてて聴いてくれたらと思うよ。自分にとって彼がどれだけ影響を与えたか、知ってもらいたかったからね」

また、デイヴ・グロールはアルバム収録曲“Cloudspotter”について「ペシミストのためのアンセム」だと語っている。

「自分は問題が発生した時に『分かった。解決してみよう』と言うタイプの人間なんだ」と彼は説明している。

「クラウドスポッターというのはすべてに困難や葛藤を見出し、希望を持てない人のことなんだ。これはすべてに悲観的で厭世的な見方をする人へのひねくれたラヴ・ソングなんだ」

フー・ファイターズは昨日“Waiting On A War”のミュージック・ビデオが公開されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ