GETTY

Photo: GETTY

ドクター・ドレーはアイス-Tによれば、約2週間の入院を経て退院して自宅に戻ったという。

ドクター・ドレーは1月4日に脳動脈瘤の疑いでシダーズ・サイナイ医療センターの集中治療室に入ったことが報じられていた。

ドクター・ドレーはメッセージを発表して「元気にやっていて、医療チームからは素晴らしい治療を受けているよ」と述べていた。

今回、アイス-Tはソーシャル・メディアでドクター・ドレーの容態が回復して自宅に戻ったことを明かしている。

「ドクター・ドレーとフェイスタイムをしたところだ。彼は無事家に帰ったよ。大丈夫で健康そうに見えたね」と彼はツイートしている。

ドクター・ドレーは自宅に帰って以降、自らの容態について情報を更新していない。『TMZ』によれば、退院後も医師たちはドクター・ドレーの容態を見守っている状態だという。

ドクター・ドレーは入院中強盗の標的となっていたことも明らかになっている。ドクター・ドレーの自宅に侵入しようとした罪でロサンゼルス市警は4人の男性を逮捕している。

ドクター・ドレーの入院の報道を受けてミッシー・エリオット、アイス・キューブ、LL・クール・J、フリーらはソーシャル・メディアで回復を願う投稿を行っていた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ