GETTY

Photo: GETTY

元ブラック・クロウズのギタリストであるマーク・フォードはガンズ・アンド・ローゼズに2度の別々の機会に誘われたことを明かしている。

新たなインタヴューでマーク・フォードはイジー・ストラドリンが突然脱退した1991年とアクセル・ローズがラインナップを一新しようとした2000年代前半に誘われたことについて語っている。

「何度か別々の時に加入しないか訊かれたんだ」とマーク・フォードはブラック・クロウズ関連のポッドキャスト『ステイト・オブ・アモリカ』で語っている。

「一度は永遠に時間がかかったアルバムを完成させようとしている頃だったんだ」とマーク・フォードはガンズ・アンド・ローゼズの2008年発表作品『チャイニーズ・デモクラシー』に言及している。「(2002年発表のソロ作)『イッツ・アバウト・タイム』を作ろうとしているまさにその時にバンドに加入しないか訊かれたんだ」

1991年にブラック・クロウズに加入したマーク・フォードは3枚のアルバム『サザン・ハーモニー』、『アモリカ』、『スリー・スネークス・アンド・ア・チャーム』に参加している。マーク・フォードは最初にガンズ・アンド・ローゼズに誘われた時のことについても語っている。

「最初は非公式の公式メンバーなんかとしてブラック・クロウズに加入して週末にアトランタで公演をやって戻ってきた時だったんだ」と彼は語っている。「戻ってきたのは月曜の朝だったんだけど、スラッシュが電話をかけてきて、オファーされたんだ。イジーが脱退したから、そこを埋めたくないかってね」

マーク・フォードはスラッシュにブラック・クロウズに加入したところだったんだと答えたという。「彼はすごくクールな人でね。『それはいいライヴだね。よかったね』と言ってくれたんだ」

先日、スラッシュはガンズ・アンド・ローゼズでもマイルス・ケネディとも2021年は新曲をリリースすることを希望していると語っている。

スラッシュについては2008年発表の『チャイニーズ・デモクラシー』以来となるガンズ・アンド・ローゼズの音源にベーシストのダフ・マッケイガンと取り組んでいると語ってきた。

デイヴ・グロールは足を骨折した時に使っていた玉座を貸したことでアクセル・ローズから最高のギターを買ってもらったと明かしている。

デイヴ・グロールはスウェーデンのヨーテボリで行った公演でステージから落下して足を骨折して、2015年後半のライヴを玉座を使って行っている。

デイヴ・グロールに専用にデザインされた玉座だったが、アクセル・ローズがロサンゼルスのトラバドールで行ったライヴで「ノット・イン・ディス・ライフ・タイム」ツアーの最初の公演で足を骨折したことで2016年に貸し出されることになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ