Jenn Five/NME

Photo: Jenn Five/NME

ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーはバンドで今年の後半に小規模な公演をやりたいと語っている。

先日、ザ・1975は新型コロナウイルスのパンデミックを受けて2021年のツアーを中止することを発表している。

今回、インスタグラム・ライヴでマット・ヒーリーはファンに自身のライヴへの思いを明かしている。

「新型コロナウイルスが収束して、秋か冬に小さな公演がやれるようになったら、間違いなくやるよ」

彼は次のように続けている。「貴重な小規模な公演を1つか2つね(可能になったらだけどね!)」

ザ・1975はロンドンのフィンズベリー・パークやサンフランシスコのゴールデン・ゲート・パークで振替公演を行う予定になっていたが、先日バンドはライヴ・ミュージックの再開が不透明な中でツアーを中止することが「最善の道」だったと述べている。

「今は多くの人々にとって非常に困難な時期で、ファンやクルーにとって安全な形でライヴができると思えるまで、ツアーを中止するのが最善の道だと決めたんだ。すぐにでもチケットは払い戻しができるようになるよ」

しかし、前向きな最新情報としてはザ・1975は2020年発表の『仮定形に関する注釈』に続く新作に既に取り組んでいることを明かしている。

「僕らは現在新作を作っていて、安全になってみんなにライヴで会えるのが楽しみだよ」

ザ・1975は次のように続けている。「フィンズベリー・パーク公演の払い戻しは購入した場所に問い合わせてほしい。無事でいて、お互いのことを気にかけてほしい」

ツアーはなくなったものの、先日マット・ヒーリーはビーバドゥービーとチャーリーXCXとのコラボレーションを予告している。

また、マット・ヒーリーは2月にドライヴ・ライク・アイ・ドゥ名義の作品をリリースすることも示唆している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ