GETTY

Photo: GETTY

ウォルフガング・ヴァン・ヘイレンはエディ・ヴァン・ヘイレンが彼のソロ・シングル“Distance”を初めて聴いた時に泣いていたと語っている。

“Distance”はウォルフガング・ヴァン・ヘイレンのバンドであるマンモスWVHのファースト・ソロ・シングルとして11月にリリースされている。

『ブラバーマウス』によれば、ウォルフガング・ヴァン・ヘイレンはエディ・ヴァン・ヘイレンがガンと闘病中に「彼のいない人生がどんなものか、どれだけ父を惜しむことになるか想像しながら」“Distance”を書いたと声明で述べていた。

『ハードドライヴ・ラジオ』に出演したウォルフガング・ヴァン・ヘイレンは“Distance”を初めて聴いた時の家族の反応を訊かれて「聴かせた誰もが心を動かされていたね」と答えている。

「父に初めて聴かせた時のことも覚えているよ。誇りに思ってくれたのか、それとも純粋に曲としてだったのか、彼は聴いて泣いていたんだ」

「僕にとってその曲がどれだけ重要か、彼が気づいていたとは思わない。失うことへの曲だということを理解してくれたんだと思う」

ホーム・ビデオの映像を使った“Distance”のミュージック・ビデオはこちらから。

ウォルフガング・ヴァン・ヘイレンはインタヴューで今年リリースが予定されているマンモスWVHのデビュー・アルバムを完成させるのに父の「揺るがぬ支持」が助けになったと述べている。「彼が誇りに思ってくれていたことが今日まで続けさせてくれているんだ」

「そういう意味で誰がなんと言おうと気にしないくらいだね。誰よりも父は僕のことを信じてくれていたんだ」

先日、ウォルフガング・ヴァン・ヘイレンは父のエディ・ヴァン・ヘイレンなしにヴァン・ヘイレンが復活することはあり得ないとしている。

2007年の再結成からベースを担当しているウォルフガング・ヴァン・ヘイレンは即座に父親なしのヴァン・ヘイレンの復活を否定している。

「自信を持って言えるけど、ヴァン・ヘイレンで父親を差し替えることはないし、それで世界をツアーしても父親の思い出に対して失礼になるよ」

「エディ・ヴァン・ヘイレンなしにヴァン・ヘイレンはあり得ない。諦めてくれ。そうはできないとしても、僕はどう思っているのかを明らかにした時は僕を悩ませたり、やるように求めてくるのはやめてほしい」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ