Eliot Lee Hazel

Photo: Eliot Lee Hazel

デス・キャブ・フォー・キューティーは『ジョージア』EPのストリーミング・サービスでの配信が開始されている。

『ジョージア』EPは12月にバンドキャンプを通して配信された作品で、収益はジョージア州で1月に行われた上院議員選挙で有権者の権利を保護する団体、フェア・ファイトに寄付される形になっていた。選挙は2議席とも民主党が獲得し、民主党と共和党の議席はいずれも50議席となり、副大統領のカマラ・ハリスが決定票を握ることになるため、今後2年間にわたって上院の支配権は民主党に移っている。

『ジョージア』EPの収録曲はすべてカヴァーで、TLC、ニュートラル・ミルク・ホテル、R.E.M.、ヴィック・チェスナット、キャット・パワーの楽曲をカヴァーしている。

ストリーミングはこちらから。

ジョージア州ではここ20年間にわたって上院議員の議席数で民主党が優位に立つことはなかったが、昨年11月のアメリカ大統領選挙ではジョー・バイデンが勝利を収めていた。

この選挙結果を受けてラン・ザ・ジュエルズのキラー・マイクはインスタグラムで「みんなが権利を行使してくれたことを誇りに思う」と述べている。

ビリー・アイリッシュの兄であるフィニアスは次のようにツイートしている。「ラファエル・ウォーノックとジョン・オソフのことは本当に嬉しいよ。ジョージア州のみんな、感謝しているよ。必要なことがあれば、みんなの力になるよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ