GETTY

Photo: GETTY

クイーンのギタリストであるブライアン・メイは絶滅危惧種の野生動物を保護するために香水を発表している。

「セイヴ・ミー」と題された香水はブライアン・メイとイタリアのブランドであるセルヨッフの創設者であるセルジオ・モモとのコラボレーションとなっている。

米『ビルボード』誌によれば、「セイヴ・ミー」はブライアン・メイのお気に入りの動物であるアナグマとビャクダンの香りになっているという。

「この驚くべき男性は動物福祉のために素晴らしいことをしてくれているんだ」とブライアン・メイは自身とセルジオ・モモが香水の限定版に金のペンでサインを入れる写真に添えている。

「セイヴ・ミー」のサイン入りボトルは370ポンド(約5万2千円)、通常ボトルは177ポンド(約2万5千円)で販売されている。

ブライアン・メイは長年の動物愛護運動で知られており、2012年には大ヒットしたレコードよりも動物保護運動で記憶されたいと述べており、昨年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けてヴィーガニズムを提唱している。

「深く考えていくなら動物を食べているべきなのか、見つめ直さなきゃいけないと思うんだ」と彼は述べている。

「それは重要な問題で、パンデミックは人間が動物を食べるところから来ているかもしれないわけでさ。動物を食べることは健康にいいこととは限らないことがもっと知られるようになってきているよね」

ブライアン・メイは次のように続けている。「ヴィーガンになるのは選択肢に過ぎず、説教臭くはなりたくないけどさ。でも、今回は動物を食べることが人間に種として屈服させられることを目にしたわけだからね。他の種を傷つけない形で世界を再考するべき時だと思うね」

「どうなるのかは分からないけどさ。でも、ヴィーガニズムについて説教臭くなろうと思っているんだ。というのも、いろんな意味で僕にとっては前に進むことだからね」

先日、ブライアン・メイは心臓発作にまつわる胃からの大量出血について「生きていることに感謝している」と述べている。

ブライアン・メイは5月にガーデニングの最中に大きな怪我を負っており、その入院中に心臓発作を患って、鬱血した動脈が3つ医師によって発見されていた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ