GETTY

Photo: GETTY

セックス・ピストルズはギタリストのスティーヴ・ジョーンズによる『ピストル』という伝記映画の監修をダニー・ボイルが務めることが発表されている。

伝記映画はスティーヴ・ジョーンズによる2018年刊行の回顧録『ロンリー・ボーイ:テイルズ・フロム・ア・セックス・ピストル』を原作としたもので、『ゲーム・オブ・スローンズ』への出演で知られるメイジー・ウィリアムズがパンク・アイコンのジョーダンを演じ、『ベイビーティース』への出演で知られるトビー・ウォレスがスティーヴ・ジョーンズを演じる。

『1917 命をかけた伝令』のアンソン・ブーンがジョン・ライドンを演じ、『エノーラ・ホームズの事件簿』のルイ・パートリッジがシド・ヴィシャスを演じ、ジェイコブ・スレイターがポール・クックを演じる。

他にも『デリー・ガールズ 〜アイルランド青春物語〜』のディラン・ルウェリンがウォーリー・ナイチンゲールを演じ、『ドント・ウォーリー・ダーリン』のシドニー・チャンドラーがクリッシー・ハインドを演じ、『ウィッチャー』のエマ・アップルトンがナンシー・スパンゲンを演じる。

6編のドラマは西ロンドンの公営住宅から、ヴィヴィアン・ウエストウッドとマルコム・マクラーレンによるキングス・ロードのショップであるSEX、史上最も影響力を持つアルバムの一つに挙げられる『勝手にしやがれ!』のリリースによる世界的な賛否両論までを追ったものとなっている。

「シングル“God Save the Queen”はBBCで放送禁止になるも『NME』のチャートでトップに立ち、全英シングル・チャートで2位に登場し、1位を取らせないようにされたと非難を受けることになりました。全英シングル・チャートの歴史でも君主制への攻撃を避けるために表記されなかったのはこの時だけです」

監督とエグゼクティヴ・プロデューサーを務めるダニー・ボイルはセックス・ピストルズのブレイクについて「イギリス社会とカルチャーを永遠に変えることになった瞬間」と述べている。

「ドラマ『ザ・クラウン』や『ダウントン・アビー』の世界に友だちと忍び込んで、自分の気持ちを代弁する曲や怒りを叫ぶのを想像してみてほしい。それはイギリス社会とカルチャーを永遠に変えることになった瞬間だったんだ」とダニー・ボイルは述べている。

「それはブリティッシュ・ストリート・カルチャーにとっての爆発点だったんだ。よくいる若者がステージを持つことになり、自身の怒りやファッションを爆発させたんだ。みんなが観て、聴かなければならなかったんだ。誰しもが彼らを恐れ、その動向を気にしていた。それがザ・セックス・ピストルズなんだ」

「その中心にいたのは若く愛らしく教養のない窃盗犯で、時代の寵児だった。スティーヴ・ジョーンズは史上最高のギタリストで94位だった。この作品は彼がどうやってそこに辿り着いたかを描いたものなんだ」

映画『華麗なるギャツビー』のクレイグ・ピアースと映画『24アワー・パーティ・ピープル』のフランク・コートレル・ボイドが脚本を手掛けた『ピストル』は3月7日から撮影される予定で、プレミア公開日については現時点で決まっていない。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ