GETTY

Photo: GETTY

デヴィッド・ボウイは74回目となる誕生日に際してジョン・レノンの“Mother”とボブ・ディランの“Tryin’ To Get To Heaven”の未発表カヴァーが初めて公開されている。

“Mother”は実現しなかったジョン・レノンのトリビュート・アルバムのために1998年にトニー・ヴィスコンティによってレコーディングされたものとなっている。

1997年発表のグラミー賞受賞作『タイム・アウト・オブ・マインド』に収録されている“Tryin’ To Get To Heaven”のカヴァーは1998年に『LiveAndWell.com』のミキシング・セッションでレコーディングされたものとなっている。

2曲を収録した7インチはクリーム色のアナログ盤が1000枚限定、ブラックのアナログ盤も7147枚限定で計8147枚リリースされる。

一方、デヴィッド・ボウイの音楽がTikTokで使えるようになったことがデヴィッド・ボウイの公式インスタグラムで発表されている。TikTokでは“Modern Love”、“Heroes”、“Starman”、“Rebel Rebel”、“Under Pressure”などが今回使用可能となっている。

デヴィッド・ボウイは74回目の誕生日を記念して日本時間1月9日午前11時より追悼ライヴ「ア・ボウイ・セレブレーション:ジャスト・フォー・ワン・デイ!」が配信されることが決定している。

配信ライヴにはアダム・ランバート、デュラン・デュラン、トレント・レズナー、スリップノットのコリィ・テイラー、ヤングブラッドなどが参加することが発表されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ