GETTY

Photo: GETTY

エミネムはスヌープ・ドッグとの最近の確執についてスヌープ・ドッグのアルバムに参加することを断ったためだと報じられている。

今回の確執は2020年7月にスヌープ・ドッグがエミネムは史上最高のラッパー10人には入らないと発言したことに端を発している。

エミネムは『ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ – サイドB』に収録されている“Zeus”で次のようにラップしている。「As far as squashing beef I’m used to people knocking me,” he rapped. “But just not in my camp / And diplomatic as I’m tryin’ to be / Last thing I need is Snoop doggin’ me / Man, Dogg, you was like a damn god to me / Meh, not really (haha) / I had dog backwards(つぶしあいのビーフで叩かれるのには慣れている/でも、俺の陣営じゃないみたいだな/俺は礼儀正しくしていたんだ/一番いらないのはスヌープ・ドッグだね/俺にとっては神のような存在だった/いや、そうでもないかな/Dogのスペルを逆にしてたんだ)」

今回、ダズ・デリンジャーはエミネムとスヌープ・ドッグの確執について状況を説明している。ロイス・ダ・ファイヴ・ナイン、N.O.R.E.、ジョー・バデンと共に音声ソーシャル・メディアのクラブハウスに登場したダズ・デリンジャーはアルバムに参加する申し出をエミネムが断ったためにスヌープ・ドッグは気分を害したと述べている。

「スヌープ・ドッグは自分に向けてのものだと受け取ったんだ。それ以降、エミネムとスヌープ・ドッグによる曲が聴けないのはだからなんだ」とダズ・デリンジャーは語っている。

ロイス・ダ・ファイヴ・ナインはエミネム側からの視点に立とうとしている。「そうだな。あのインタヴューでのスヌープ・ドッグのエネルギーというのは、彼が傷つけようとしたにせよ、そうじゃないにせよ、敬意の込もった愛ある感じのように見えたと俺は思っているんだけどね」と彼は説明しているよ。「でも、同意するよ。あの件で曲でディスる必要はないよね」

先日、エミネムは“Zeus”でリアーナに謝罪したことについて語り、2019年にオンラインでリークされた歌詞をレコーディングしたことについて「まったく覚えていない」と説明している。

衛星ラジオ局「シリウスXM」の『シェイド45』でエミネムは“Zeus”について語り、リアーナを攻める歌詞を含む10年前の楽曲についてどうやってリークされたか知らなかったと述べている。

「どうやって手に入れたか知らなかったんだけどさ」とエミネムは語っている。「あのヴァースをやったこともまったく覚えていないんだ。ライムのスキームも自分には慣れたものじゃなかったしね」

「だから、油断していたんだ。『なんてこった。俺がこんなこと言ったのか』って感じだったね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ