GETTY

Photo: GETTY

アイスド・アースの結成メンバーでリード・ギタリストのジョン・シェイファーは国会議事堂を襲撃したことで警察に追われていることが明らかになっている。

ドナルド・トランプ支持者の群衆は議会でジョー・バイデンが次期大統領に正式に認定されるのにあたって暴力的に国会議事堂を襲撃している。

ジョン・シェイファーは国会議事堂に非合法で乱入した群衆の1人であることが撮影されており、AFPのロバート・シュミットが撮影した写真には混乱する現場で大きな手振りを見せる様子が写されている。

今回、ジョン・シェイファーは違法で議会に侵入し、「不安を引き起こした罪」で捜索している人をまとめたワシントンD.C.警察のパワーポイントのプレゼンテーションにも登場している。

Screenshot-2021-01-07-at-9.31.25-PM

ジョン・シェイファーは昨年11月にアメリカ大統領選挙の結果に抗議するドナルド・トランプ陣営の集会にも参加している。

「あいつらは負けるよ。相手にしちゃいけない人間を相手にしたんだ。信じてくれ」とジョン・シェイファーは独『ディ・ヴェルト』紙に語っていた。

ジョン・シェイファーは昨年7月に新型コロナウイルスについて「深刻なパンデミックというよりも心理戦の政治活動」だと発言して物議を醸していた。

彼は『メタルサックス』に次のように語っている。「見ただけでは分からないものがたくさんあるんだと思う。実際、そうであることは分かっているんだ。ちゃんとした医師や科学者がYouTubeで検閲されたり、公開禁止になったりするのはよくあることだしね。信じられないレベルの詐欺だよ」

ジョン・シェイファーは1984年にアイスド・アースを結成し、12枚のアルバムをリリースしており、ずっとメンバーとして在籍している唯一のメンバーとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ