GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュやフィービー・ブリジャーズ、ビースティ・ボーイズら、30組を超えるアーティストが新型コロナウイルスの影響を受けるライヴ・ミュージックのクルーのための資金を募るオークションに独自のイエティのクーラーボックスを寄付している。

ワン・フォー・ザ・ローディによるオークションは日本時間1月13日午前9時まで開催されている。落札額の収益はライヴ・ネイションが立ち上げた新型コロナウイルスで収入のないライヴ・クルーのための基金、クルー・ネイションに寄付される。

クーラーボックスにはサインのほか、参加アーティストの多くが独自のメッセージを入れている。クーラーボックスに加えて、マーチャンダイズやアナログ盤を付けるアーティストもいて、記事執筆時点でソーシャル・ディストーションのクーラーボックスは最高値の5500ドルを記録している。

このオークションには他にもウィルコ、フィニアス、フリート・フォクシーズ、ブリタニー・ハワード、マイ・モーニング・ジャケットらが参加している。

「世界的な新型コロナウイルスの感染拡大は世界中の人々に悪影響を与えました。ライヴ・ミュージックのロード・クルーも例外ではありません。多くの人々は十分な健康保険を持っておらず、失業保険や政府の補助金の対象でもありません」とウェブサイトには書かれている。

「このパンデミックがどれだけ続くか分からないために、アーティストを支えるために人生を捧げてきたロード・クルーは今まで以上に支援を必要としています」

昨年8月にもイエティのクーラーボックスのオークションが行われ、ザ・ナショナル、グリーン・デイ、リオン・ブリッジズ、マーゴ・プライスらが参加し、135000ドル(1400万円)以上を寄付している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ