GETTY

Photo: GETTY

エミネムは“Zeus”でリアーナに謝罪したことについて語り、2019年にオンラインでリークされた歌詞をレコーディングしたことについて「まったく覚えていない」と説明している。

“Zeus”は先月リリースされた『ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ – サイドB』に収録されており、クリス・ブラウンが2009年に重暴行罪で有罪になった後もクリス・ブラウンの側についたことを謝罪している。

「But, me, long as I re-promise to be honest / And wholeheartedly, apologies, Rihanna(でも、自分としては正直になると改めて誓うけど、心の底から謝罪するよ、リアーナ)」と彼はラップしている。「For that song that leaked, I’m sorry, Ri / It wasn’t meant to cause you grief(リークされた曲については謝るよ、リアーナ。君を悲しませたかったわけじゃないんだ)」

「Regardless, it was wrong of me(とにかく、俺の悪い部分なんだ)」

衛星ラジオ局「シリウスXM」の『シェイド45』でエミネムは“Zeus”について語り、リアーナを攻める歌詞を含む10年前の楽曲についてどうやってリークされたか知らなかったと述べている。

「どうやって手に入れたか知らなかったんだけどさ」とエミネムは語っている。「あのヴァースをやったこともまったく覚えていないんだ。ライムのスキームも自分には慣れたものじゃなかったしね」

「だから、油断していたんだ。『なんてこった。俺がこんなこと言ったのか』って感じだったね」

エミネムは2009年発表の『リラプス』のレコーディング初期段階で問題の歌詞をレコーディングした時のことを振り返り、「当時経験したドラッグを巡る問題でラップのやり方を学び直しているところだったんだ」と語っている。

「言い訳はしないよ。俺が言ったし、あんなことを言ったのは間違いだった。最低だね」と彼はリアーナへの歌詞について語っている。「言い訳のしようもないよ。『リラプス』の時期はそういう時期だったと言っていいね。あの時の一つだよ。ああいうライムになっているのはだからだと思う」

エミネムは先日、『ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ』に収録の“Godzilla”が2020年に歌詞が最もグーグル検索された楽曲のトップ10に入っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ