GETTY

Photo: GETTY

ヤングブラッド、フィニアス、デュア・リパらはYouTubeによる大晦日の生配信に出演することが決定している。

「ハロー2021:アメリカズ」と題された配信は日本時間1月1日12時30分より生配信される。

イベントにはソーシャル・メディアのインフルエンサー、有名人、俳優、ミュージシャンらが出演することとなっており、デミ・ロヴァート、ザラ・ラーソン、J. バルヴィンらも特別なパフォーマンスを行う予定となっている。

他にもサブリナ・カーペンター、Ne-Yo、キャロル・G、ケイン・ブラウン、ハンター・ヘイズ、ジェイムス・ブラントらが出演する。

YouTubeオリジナルズのグローバル・ヘッドであるスザンヌ・ダニエルズは次のように述べている。「非常に過酷な1年を世界が過去にしようとしている中で、YouTubeは2021年の希望と期待への祝福を世界的に届けたいと思っています」

「2020年の幕を閉じて、YouTubeのコミュニティが自宅から安全に楽しめる世界規模の楽しみを届けることを楽しみにしています」

アメリカ版のイベントはジュアンパ・ズリータと女優のストーム・リードが司会を務め、イギリス版、インド版、日本版、韓国版も配信される。イギリス版にはデュア・リパ、アン・マリー、MNEKらが出演する。

ライヴ・パフォーマンスに加えてイベントではスピーチやダンス・パフォーマンス、有名人のゲストによりオリジナル・コンテンツも披露される。

また、ジャスティン・ビーバーは大晦日の配信ライヴでニュー・シングル“Anyone”を初披露することも決定している。

「アリーナ・サイズ」のイベントは5人編成のバンドとダンサーを従えて行われるもので、日本時間1月1日12時15分より配信は開始される。チケットは3081円で購入することができる。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ