GETTY

Photo: GETTY

サミー・ヘイガーは生前エディ・ヴァン・ヘイレンと和解した経緯について語っている。

サミー・ヘイガーはエディ・ヴァン・ヘイレンが今年10月にガンとの長い闘病の末に65歳で亡くなったのを受けて、生前エディ・ヴァン・ヘイレンと和解したことを明かしていた。

サミー・ヘイガーは『ヴァラエティ』誌のインタヴューで次のように語っている。「かわいそうなエディ、胸が張り裂けそうだよ。でも、神に感謝したいのは生前、連絡をとれたことでね。調子が悪いというのは聞いていたから、連絡をとりたかったんだ。それで、ついに『彼に電話するよ』と言ったんだ」

しかし、サミー・ヘイガーはエディ・ヴァン・ヘイレンの連絡先を知らず、連絡をとるのに苦労したと説明している。「彼の兄弟に電話したり、マネージャーに電話したり、彼の友人に電話したりして、『エディに言って、自分の番号を渡してくれないか。僕に電話したいか訊いてみてくれ。彼と話をして、力添えをして、自分にできることを知りたいんだ』と言ったんだ。『友だちに戻りたいんだ。和解したいんだ』ってね。ずっとできなかったことだからね」

最終的に共通の友人であるジョージ・ロペスを通して2人は連絡をとれることになったという。

サミー・ヘイガーは次のように語っている。「ジョージは仲のいい友人で、彼はエディの友人でもあるんだ。彼が言ったんだよね。『サミー、エディは調子が悪いんだ。君のことは大好きだから、連絡をとらないと』ってね。『電話番号をくれよ。間違いなく電話するから』と自分は言ったんだ」

「『なんで返事をくれなかったんだ。ずっと連絡をとろうとしていたんだよ』って僕が言ったら、彼も『なんで電話してくれないんだ。兄弟なんかに電話せずに俺に電話しれくれよ』と言っててね。それで、『大好きだよ』と言ったら、それで仲良くなったんだ。素晴らしいことだったね」

先日、サミー・ヘイガーはエディ・ヴァン・ヘイレンがベーシストのマイケル・アンソニー、ヴォーカリストのサミー・ヘイガーとデイヴィッド・リー・ロスの両者を含む「キッチン・シンク・ツアー」を考えていたことに言及している。

衛星ラジオ局「シリウスXM」のエディ・トランクの番組に出演したサミー・ヘイガーはツアーについて知っていたのかどうかを尋ねられている。彼は次のように応じている。「完全に認識していたよ。誰も発言することはなかったけど、間違いなく実現させようとしていたんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ