GETTY

Photo: GETTY

ジョージ・マイケルは住んでいた家に元パートナーのファディ・ファワズが押し入ったことで警察沙汰になっている。

『ザ・サン』紙によれば、2016年12月25日のクリスマスに亡くなったジョージ・マイケルの第一発見者だったファディ・ファワズは警察官に向かってジョージ・マイケルの家を自分のものだと主張し、「ジョージは僕に譲りたがっていたんだ」と語ったという。

「彼は家の塀を乗り越えて、窓の一つを割って中へと入りました」と情報筋は『ザ・サン』紙に語っている。「警察が到着して説得を試みましたが、彼は叫び続けるだけで、ここは自分のもので、ジョージは僕に譲りたがっていたんだと言っていたとのことです」

「最終的には彼を引きずり出して、彼を追い払いましたが、いつ戻ってくるんだろうと考えてしまいます。今年はファディにとって大変で寂しかった1年であり、彼の命日でもあるのです」

ロンドン警視庁の広報は警察官の指示に従ったため、ファディ・ファワズは逮捕されていないと述べている。

「12月22日の10時59分に建物に侵入したという通報がありました。警察官が到着すると40代の男性が建物にはいました。彼はその場所を離れるように言われると応じたので、逮捕はされていません」

先日、アダム・ランバートはジョージ・マイケルの伝記映画が作られることがあれば、ジョージ・マイケル役を演じる準備があることを明かしている。

新たなインタヴューでアダム・ランバートはジョージ・マイケルの伝記映画を観てみたいと語っている。

「すごく興味深いものになると思うね」と彼は『メトロ』紙に語っている。「クールなものになるはずだよ。僕としては彼については多くを知らないところがあるように感じているんだよ。僕としてはジョージ・マイケルの人生を掘り下げるのは素晴らしいことだよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ