GETTY

Photo: GETTY

フー・ファイターズのフロントマンであるデイヴ・グロールはクリスマス・ソングを作ることになる日はいつかについて語っている。

先日、デイヴ・グロールはプロデューサーのグレッグ・カースティンと共にハヌカーの時期に合わせてユダヤ人アーティストの楽曲を8日連続でカヴァーする企画を行っていた。

アップル・ミュージックのゼイン・ロウのインタヴューを受けたデイヴ・グロールはクリスマス・ソングを作らないのかと訊かれて、「やりにくい類のことだよね」と語っている。「みんな、名曲に慣れているからさ」

「作らないのかとこれまでも訊かれてきたんだけどさ。でも、どう言うべきか分からないんだ……いや、やろうとしたことさえないからね。みんなが自分たちにやってもらいたいかも分からないしさ。分からないね。多分、もうこれ以上やりたくないと思った日にクリスマス・ソングを作るよ。それで、有終の美を飾るんだ」

先日、デイヴ・グロールは来たるニュー・アルバム『メディスン・アット・ミッドナイト』について新型コロナウイルスのパンデミックで一度延期した後、最終的にリリースすることにした理由を語っている。

通算10作目となる『メディスン・アット・ミッドナイト』は当初バンドの25周年を記念して2020年にリリースされる予定だったが、2021年2月5日にリリースされる形となっている。

「今はいつよりも気持ちを上げてくれるもの、安心や逃避を与えてくれるようなものを人々が必要としていると言ったんだ。それで『出さなきゃいけないね。そろそろ出そう』と言ったんだよ」

「いつツアーに出られるかは分からないけどさ。人々に音楽を届けなきゃいけないと思ったんだ。そのために作ったんだからさ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ