GETTY

Photo: GETTY

ボン・ジョヴィのギタリストであるリッチー・サンボラは新たなインタヴューで家族のためにボン・ジョヴィを脱退したことを振り返っている。

物質依存症にも苦しんでいたことで知られるリッチー・サンボラは2013年に行っていた「ビコーズ・ウィー・キャン」ツアーの途中でバンドを脱退している。ジョン・ボン・ジョヴィは彼の脱退後も同ツアーを続行して、現在までバンドとしての活動を続けている。

リッチー・サンボラは『ピープル』誌の新たなインタヴューで当時のことを振り返っている。「間違いなくどう考えても支持されるような決断ではなかったけどさ。でも、ほとんど選択肢がないような状況だったんだ。私生活で意識して取り組まなきゃいけないことがたくさんあったんだ」

現在24歳である娘のエイヴァと一緒に過ごすことが必要だったとリッチー・サンボラは説明している。「一緒にいろんなことを経験したんだ。家族にとって心理的なメンテナンスを行う時期だったんだよ。御存知の通り、僕は天使ってわけじゃないけどさ。でも、分かっていたのは、あの頃のエイヴァは僕と過ごす時間が必要だったんだ。家族を第一にしなければいけないわけでさ。それでああなったんだよ」

先日、リッチー・サンボラはボン・ジョヴィへの復帰の可能性について語っている。

「自分がバンドに戻る特別な状況じゃなければならないだろうね。でも、可能性がないわけではないよ。バンドに対して一切の恨みはないからね」と彼は『デイリー・メール』紙に語っている。

昨年、ジョン・ボン・ジョヴィはリッチー・サンボラがいないことを寂しく思っているとしして次のように語っている。

「彼がそばにいてくれたらと思うよ。僕らは恐るべし2人組だったんだからさ」とジョン・ボン・ジョヴィは語っている。「僕らは魔法のような声の持ち主で、彼は本当に素晴らしい人だったんだ。けど、彼の選択が彼自身を迷わせてしまったんだよ」

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ