GETTY

Photo: GETTY

ヘイリー・ウィリアムスはアメリカにおけるLGBTQ+のホームレスの若者に資金を募るため、マッシヴ・アタックの名曲“Teardrop”のカヴァーを披露している。

頭にタオルを巻いてガウンを着た姿でヘイリー・ウィリアムスは色の変わる眩いライトの下、1998年発表の“Teardrop”を披露している。

このパフォーマンスはジャック・アントノフが自身のツイッター・アカウントで生配信したアリー・コーリションによる7年目のタレント・ショウで披露されたものとなっている。

パフォーマンス映像はこちらから。

生配信にはラナ・デル・レイ、クレイロ、ブリタニー・ハワード、スリーター・キニー、シャミールらも出演している。レジー・ワッツ、エイディ・ブライアント、マイク・バービグリアといったコメディアンも出演している。

ヘイリー・ウィリアムスについては先日タイニー・デスク・コンサートの映像も公開されており、アルバム『ペタルズ・フォー・アーマー』より“Pure Love”、“Taken”、“Dead Horse”の3曲を披露している。

ヘイリー・ウィリアムスは今年5月にアルバム『ペタルズ・フォー・アーマー』をリリースしている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ