GETTY

Photo: GETTY

デヴィッド・ボウイはジョン・レノンの“Mother”とボブ・ディランの“Tryin’ To Get To Heaven”のカヴァーを収録した7インチ・シングルがデヴィッド・ボウイの誕生日にリリースされることが決定している。

2016年1月に亡くなったデヴィッド・ボウイは2021年1月8日に74回目の誕生日を迎える。それを記念してジョン・レノンとボブ・ディランのカヴァーの未発表バージョンを収録したシングルがその誕生日にリリースされる。デヴィッド・ボウイは2021年1月に没後5年となる。

デヴィッド・ボウイの公式ストアと『ディグ!』での限定販売となるクリーム色のアナログ盤は1000枚限定で、7147枚のナンバリングが入ったブラックのアナログ盤もリリースされる。音源はストリーミング・サービスでも公開される。

“Mother”は実現しなかったジョン・レノンのトリビュート・アルバムのために1998年にトニー・ヴィスコンティによってレコーディングされたものとなっている。“Tryin’ To Get To Heaven”は1998年に『LiveAndWell.com』のミキシング・セッションでレコーディングされたものとなっている。

両曲のカヴァーには現在ザ・キュアーで演奏しているデヴィッド・ボウイの長年のコラボレーターであるリーヴス・ガブレルスが参加している。

“Mother”は1970年にリリースされたジョン・レノンの最初のソロ・アルバム『ジョンの魂』に収録されている。“Tryin’ To Get To Heaven”は1997年に発表されたボブ・ディランの通算30作目となるアルバム『タイム・アウト・オブ・マインド』に収録されている。

先日、デヴィッド・ボウイはBBCラジオで『ボウイ・ファイヴ・イヤーズ・オン』と題した一連の番組が放送されることが決定している。

この特別番組はデヴィッド・ボウイが亡くなってから5年となることを記念したものとなっている。デヴィッド・ボウイはガンとの闘病の末に2016年1月10日に享年69歳で亡くなっている。

デヴィッド・ボウイはその生涯とキャリアを讃えるチャリティのオンライン・ライヴにヤングブラッドやアンナ・カルヴィ、デュラン・デュランらが出演することが決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ