GETTY

Photo: GETTY

シャロン・オズボーンは新型コロナウイルスで陽性になって、入院していたことを明かしている。

オジー・オズボーンの妻であるシャロン・オズボーンは現在回復に努めているところで、オジー・オズボーンは陰性だったとツイートしている。

「新型コロナウイルスで陽性になったことを伝えたいと思う」とシャロン・オズボーンは述べている。「少し入院した後、(陰性だった)オジーとは離れたところで回復に努めているところよ。(テレビ番組の)『ザ・トーク』は予定されていた休止中よ。ぜひみなさんも健康で無事でいてください」

2010年から共同で司会を務める『ザ・トーク』のツイッター・アカウントは「早い回復を望んでいます。大好きです」とツイートしている。

オジー・オズボーンは先日、もしも新型コロナウイルスに感染したら危険なことになるかもしれないと語っていた。

「肺気腫があるから。もしウイルスに感染したら、大変なことになるだろうね」と彼は語っている。

自身の行っている感染対策についてオジー・オズボーンは次のように語っている。「出かける時はマスクをするようにしているけど、マスクを着けるのは好きじゃないんだ。だから、そんなに出かけないようにしているよ」

オジー・オズボーンは一緒にやっているプロデューサーのアンドリュー・ワットも新型コロナウイルスに感染したことを明かしている。「毎日、電話をしているんだけど、眠れなかったというんだ。眠りに入ろうとすると息が止まってしまうってね」

「同じ人間じゃないみたいだったよ。死にかけた体験をした人みたいだった。彼はちょっと生活に慎重になったね。孫も2人がかかったけど、そこまではひどくならないと思うけどね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ