PRESS

Photo: PRESS

ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーは最新作より“No Nightmares”のミュージック・ビデオが公開されている。

“No Nightmares”はザ・ウィークエンドとのコラボレーションとなる楽曲で、10月にリリースされた『マジック・ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー』に収録されている。

“No Nightmares”のミュージック・ビデオはこちらから。

ミュージック・ビデオの監督はワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの長年のコラボレーターで、ミュージシャンとしてアルバムにも参加しているネイト・ボイスのスタジオであるレリクアリー・ハウスが手掛けている。

ネイト・ボイスはミュージック・ビデオについて次のように語っている。「ダンが最初にリルケの詩『不可解の恐怖』の抜粋を送ってきたのがきっかけで、退廃したピクサーみたいなアニメーションのアイデア浮かんできた。エイブル(ザ・ウィークエンド)とダンは、精神分析的なシナリオと空間をさまよって、アートや建築の参照が混ざった不気味な雰囲気を醸し出している」

「そして僕はリルケの詩の意味合いを、不安にさせられるストーリーが子供の頃に苦手だった聖書の『イサクの燔祭』の物語と関連付けたのが、この映像の後半に隠された意図なんだ。アブラハムが神の介入によって阻止されるているのにもかかわらず、彼の理解しがたい熱意と、自分の子供を犠牲にしようとする彼の姿に恐怖を覚えた。この物語によって、僕は最終的に無神論者になったんだけど、同時にこういう昔の物語、シンボル、モチーフが、今もなお関連性を持ち続け、多くの点で僕たちの経験を構成していることに、現在も魅了され続けてる」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ