PRESS

Photo: PRESS

フー・ファイターズのデイヴ・グロールとグレッグ・カースティンは4曲のカヴァー映像が公開されている。

デイヴ・グロールとグレッグ・カースティンは12月10日のハヌカーを記念してユダヤ人アーティスト8組の曲を8曲カヴァーして公開していくことを発表している。

デイヴ・グロールとグレッグ・カースティンはこれまでにビースティ・ボーイズの“Sabotage”、ドレイクの“Hotline Bling”、マウンテンの“Mississippi Queen”、ピーチズの“Fuck The Pain Away”をカヴァーしている。

それぞれのパフォーマンス映像はこちらから。

フー・ファイターズは2021年2月5日に通算10作目となるアルバム『メディスン・アット・ミッドナイト』をリリースすることが決定している。アルバムからは“Shame Shame”が最初の楽曲として公開されている。

デイヴ・グロールは新作について「土曜日の夜のパーティー・アルバム」だと『NME』に語っている。「そこでかける用に書かれていて、曲も並べられているんだ。そして、9曲が終わった後、またかけたくなるんだよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ