GETTY

Photo: GETTY

エディ・ヴァン・ヘイレンは死後2ヶ月を経て死因が明らかになっている。

エディ・ヴァン・ヘイレンは長年に及ぶガンとの闘病の末に65歳で亡くなっている。

『TMZ』が入手したエディ・ヴァン・ヘイレンの死亡証明書によれば、直接の死因として脳卒中ないしは脳梗塞が挙げられている。死の遠因として肺炎、骨髄異形成症候群、肺ガンといった複数の要因が挙げられている。

死亡証明書には「その他の深刻な症状」として頭と首の皮膚ガン、不整脈が挙げられている。

エディ・ヴァン・ヘイレンの遺体は亡くなった22日後に火葬されており、遺灰は息子のウォルフガング・ヴァン・ヘイレンに渡っている。

先日、ウォルフガング・ヴァン・ヘイレンは「医師たちには『あと6週間だ』と言われたんだ」と語っており、治療を受けるためにドイツに行ったことを明かしている。

「彼らがそこで何をしたにせよ、素晴らしかったよ。そこから3年も彼と一緒にいられたからね」

10月に亡くなった際にエディ・ヴァン・ヘイレンは音楽界から多くの追悼の声が寄せられており、今年のロックの殿堂入りの式典ではガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ、メタリカのカーク・ハメット、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロがエディ・ヴァン・ヘイレンに追悼の意を表している。

「エディ・ヴァン・ヘイレンは我々の世代のモーツァルトです」とトム・モレロは語っている。「彼は世紀に1人とも言える才能の持ち主でした」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ