GETTY

Photo: GETTY

レッド・ツェッペリンのギタリストであるジミー・ペイジはストリーミング・サービスがアーティストに適切な支払いをするよう求めている。

ジミー・ペイジはスポティファイやアップル・ミュージックからのロイヤリティの支払いが低いことを批判する一連のミュージシャンに加わっている。

ジミー・ペイジはインスタグラムへの投稿で次のように述べている。「2020年11月24日に開催された音楽ストリーミングについての特別委員会の様子をこの間観たけど、やむにやまれずこの手紙を書きたいと思ったんだ」

「ジレンマのあるストリーミング・サービスのロイヤリティについてはミュージシャンや曲を使った作曲家に適切に支払われようになったら本当に感謝するよ」

ジミー・ペイジは次のように続けている。「ストリーミング企業がその音楽が再生されたり視聴されたりしているミュージシャンに早く適切な支払いをすれば、大きな喜びを生みだしたにもかかわらず、搾取されている人々に適切なロイヤリティが早く支払われるようになれば、もっとよくなるはずなんだ」

スポティファイやアップル・ミュージックなどのストリーミング・サービスが運営しているビジネス・モデルについてイギリスでは政府による調査が行われている。

レディオヘッドのエド・オブライエン、エルボーのガイ・ガーヴェイ、ネイディーン・シャー、ゴメスのトム・グレイは文化・メディア・スポーツ省の委員会で国会議員にストリーミングの支払いは「音楽の未来を脅かすことになる」と述べている。

先日、ジミー・ペイジはロックダウンの間、毎日ギターを弾いていたと語っている。

「ロックダウンで隔離されている状況下で、ギターを手にとって毎日決まって弾いていたんだ」とジミー・ペイジは語っている。

「ロックダウンの前はいろいろ他にやっていることがあってギターを弾く十分な時間がないと不満を口にするような状態になっていたんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ