GETTY

Photo: GETTY

カニエ・ウェストはイギリスで最もグーグルで検索されたアーティストとなっている。

グーグルはイギリスで最も検索されたトップ10のミュージシャンを発表している。

カニエ・ウェストはアメリカ大統領選挙に出馬したことで1位となっている。また、カニエ・ウェストはメジャー・レーベルとの契約を見直すことを求めている。

2位には夏に乳ガンであることが明らかになったガールズ・アラウドのメンバーのサラ・ハーディングが入っている。先週、サラ・ハーディングは「できる限り懸命に闘っている」と病状の最新状況を明かしている。

5月にイーロン・マスクとの第一子を出産したグライムスは5位にランクインしており、ダフィーが6位に、メーガン・トレイナーが7位に、ワイリーが8位に、ニコラ・ロバーツが9位に、ハーヴィーが10位に入っている。

トップ10のランキングは以下の通り。

1 Kanye West
2 Sarah Harding
3 Russell Watson
4 Bugzy Malone
5 Grimes
6 Duffy
7 Meghan Trainor
8 Wiley
9 Nicola Roberts
10 Hrvy

「2020年の検索ランキングはここ12ヶ月の最も人気のあったトレンドを明らかにするだけでなく、ニュース、政治、スポーツ、エンタテインメント、ロックダウンで人気になったトレンドなどへの洞察を与えてくれます」とグーグルのトレンド専門家であるカースティン・ライトは述べている。

「人々は新たなこれまでとは違う方法で情報を探し続けており、グーグル検索は誰しもが世界中の情報にアクセスできて有益に使用することができるように進化し続けていきます」

カニエ・ウェストについては来たるプシャ・Tのニュー・アルバムでプロデューサーを務めることが明らかになっている。

カニエ・ウェストはプシャ・Tの2018年発表の前作『デイトナ』に参加しており、プロデュースも担当している。アルバムはカニエ・ウェストが設立し、プシャ・Tが取締役を務めるG.O.O.D.からリリースされている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ