PRESS

Photo: PRESS

アニマル・コレクティヴが、11枚目となるフル・アルバム『ペインティング・ウィズ』の詳細を明らかにしている。

アニマル・コレクティヴは、2012年発表の『センティピード・ヘルツ』に続く新作を来年2月19日にリリースする。アルバムについては「あたたかくて、個人的で、万華鏡のようで、高精細」と評しており、バンドは2015年を通してこの作品に取り組んできたという。バンド・メンバーのエイヴィー・テアは作品について、「曲はすごく短くて、つまらない曲や流行り廃りのあるような曲は入ってないよ」と、語っている。

ニュー・シングル”FloriDada”の音声はこちらから。

以前、ザ・ビーチ・ボーイズやマーヴィン・ゲイのセッションが行われた、ハリウッドにあるイーストウエスト・スタジオでレコーディングされ、ジョン・ケイルとコリン・ステットソンがゲスト参加しているという。

アルバムは、CDとLPの形態で、アーティストのブライアン・デグロウによって描かれた3つの違うジャケット————アニマル・コレクティヴのメンバーであるエイヴィー・テア、ジオロジスト、パンダ・ベアのそれぞれをフィーチャーしたもの————が発売されるという。

『ペインティング・ウィズ』のトラックリストはこちら。

‘FloriDada’
‘Hocus Pocus’
‘Vertical’
‘Lying In The Grass’
‘The Burglars’
‘Natural Selection’
‘Bagels In Kiev’
‘On Delay’
‘Spilling Guts’
‘Summing The Wretch’
‘Golden Gal’
‘Recycling’

今年これまでに、アニマル・コレクティヴは23分に及ぶ即興のジャムによる新曲“Michael, Remember”を公開しており、これは今年5月に行われた試しのセッションでレコーディングされたものだという。

同曲は、メキシコ湾のフラワー・ガーデン・バンクス国立海洋自然保護区で海洋生物学者のコリン・フアードが2014年7月に撮影した映像と共に公開されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ