Press / Frank Maddocks

Photo: Press / Frank Maddocks

ブラジルのジョインヴィレに住む現在6歳の少女がドラムを叩く映像が話題となっている。

少女の名前は、エデュアルド・ヘンクラインといって、ここ1年間にわたってドラムを叩く映像を公開しており、今年5月に公開されたシステム・オブ・ア・ダウンの“Toxicity”や“Chop Suey!”を完コピする映像がここにきて話題となっている。

システム・オブ・ア・ダウンの“Toxicity”のカヴァー映像はこちらから。

同じくシステム・オブ・ア・ダウンの“Chop Suey!”のカヴァー映像はこちらから。

ガンズ・アンド・ローゼズの“Welcome to Jungle”のカヴァー映像はこちらから。

ディープ・パープルの“Black Night”のカヴァー映像はこちらから。

YouTubeアカウントのプロフィール欄によれば、彼女は4歳からドラムを始めたという。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ