GETTY

Photo: GETTY

トップ・オブ・ザ・ポップスは2020年のクリスマス特番と大晦日特番への出演者が決定している。

両番組ともクララ・アンフォとファーン・コットンが司会を務め、クリスマス特番は現地時間12月25日11時55分から、大晦日特番は12月31日16時20分から放送される。

ジョエル・コリーとMNEKは今夏6週連続で全英シングル・チャートの1位を獲得した“Head & Heart”をクリスマスに披露する予定となっている。

AJトレイシーとエイチは全英チャート・トップ3ヒットとなった“Rain”を披露し、クリーン・バンディットは“Tik Tock”でメイベルと共演する。クレイグ・デイヴィッドとKSIはDJのデジタル・ファーム・アニマルズと共にコラボレーション曲“Really Love”を披露している。

クリスマス特番にはセレステ、エラ・ヘンダーソン、ジェイミー・カラムも出演する。

大晦日特番にはアルフィー・テンプルマン、アーロ・パークス、ベッキー・ヒル、ネイサン・ドウとKSI&エラ・ヘンダーソン、シガーラ、ジェイムス・アーサー、ウェス・ネルソンとハーディ・カプリオ、ヤングブラッドが出演する。

先日、マライア・キャリーはオフィシャル・チャート・カンパニーによれば“All I Want For Christmas Is You”が初の全英シングル・チャートの1位を獲得する可能性があるという。

1994年にリリースされた“All I Want For Christmas Is You”は全英シングル・チャートで1位を獲得したことがない。リリースされた年はイースト17の“Stay Another Day”が首位を獲得しており、その時は2位に甘んじている。

11月30日時点で“All I Want For Christmas Is You”は週半ばの速報で全英シングル・チャートで2位にランクインしている。1位のアリアナ・グランデの“Positions”とは900枚差となっている。

一方、ヤングブラッドは本日12月4日にセカンド・アルバム『ウィアード!』がリリースされている。

新作についてヤングブラッドは次のように語っている。「このアルバムでやりたかったのは…今起きている世界規模のパンデミックなんか忘れよう、これは、俺らの人生で一番ヘンテコな時期に関するアルバムなんだよ。誰もが経験して知っている、人間の成長の物語を伝えているのさ。あらゆる人に宛てて。歳なんか関係なくて、例えば84歳になってようやく大人になる人がいてもおかしくない。84歳の時に『そうか!ようやく自分がどういう人間なのか分かった!』と感じる人もいるかもしれない。そしてこのアルバムは、アイデンティティについてのストーリーを伝えている。セクシュアリティ、セックス、ドラッグ、ラヴ、失恋、鬱、不安、苦しみ、情熱についてのストーリーを伝えている。俺と俺のコミュニティは、人生において今そういう時期にあると思うんだよね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ