GETTY

Photo: GETTY

アークティック・モンキーズは2018年にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行った公演より“Arabella”の映像が公開されている。

2018年のロンドンのロイヤル・アルバート・ホール公演については今月ライヴ・アルバムがリリースされることも決定している。ライヴ同様、アルバムの収益はすべてウォー・チャイルドに寄付される。

「2018年6月7日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで特別な公演を行いました」と先日アークティック・モンキーズはツイートしている。「この公演の収益はすべて、紛争のトラウマと戦争の恐怖を経験した子供たちを保護し、教育し、リハビリさせるという重要な活動を支援するためにウォー・チャイルドに寄付されました」

“Arabella”の映像はこちらから。

この時のライヴからは“505”の映像も公開されている。

先日、アークティック・モンキーズのドラマーであるマット・ヘルダースはレコーディング・スタジオにいる写真が公開されており、新曲に取り組んでいるのではないかと見られている。

フォトグラファーのアンドレアス・ニューマンがインスタグラムに公開した写真はマット・ヘルダースがロサンゼルスのスタジオでキーボードや機材をバックにドラム・セットに座っているものとなっている。

アンドレアス・ニューマンはこの写真についてほとんど情報を明かしていないものの、写真にアークティック・モンキーズのタグを付けており、ファンはバンドがレコーディングを行っているのではないかと推測している。

アークティック・モンキーズは2018年に最新作『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』をリリースしている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ