Ed Mason

Photo: Ed Mason

アーキテクツは来たるニュー・アルバム『フォー・ゾ―ズ・ザット・ウィッシュ・トゥ・イグジスト』からのセカンド・シングル“Black Lungs”が公開されている。

ブライトン出身のアーキテクツは通算9作目となる新作から更なる新曲が公開されている。アルバムからは2018年発表の“Holy Hell”以来の新曲となった“Animals”が10月に公開されていた。

“Black Lungs”はジェブ・ハードウィックが監督したミュージック・ビデオと共に公開されている。

プレス・リリースではこの曲について「不毛な風景や絶滅の伏線などと共に現在人類が世界を破壊へと導いている事実に訴える」ものだと述べられている。

昨年『ケラング!』誌にヴォーカリストのサム・カーターは若い世代から見られる「絶対的なアティテュードの変化」に励まされたと述べ、「未来に対する希望」を感じたと語っている。

「グレタ・トゥーンベリを見て、素晴らしいと思ったし、多くのことをやっているよね。彼女は多くの人々を立ち上がらせ、自分たちの生活に変化を起こさせようとしたんだ。多くのブランドや会社が倫理的な方向へと動いているのを見たよ」

アーキテクツは11月にロイヤル・アルバート・ホール公演を配信している。

『フォー・ゾ―ズ・ザット・ウィッシュ・トゥ・イグジスト』は2月26日にエピタフ・レコーズよりリリースされる。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ