GETTY

Photo: GETTY

デュラン・デュランはロンドンのハイド・パークで行われる公演の新たな日程を発表している。

デュラン・デュランは今年の夏にハイド・パーク公演を行う予定だったが、一連のハイド・パーク公演は新型コロナウイルスの感染拡大で4月に延期されている。

新たな日程は2021年7月11日となっていて、デュラン・デュランにとって6年ぶりのロンドン公演となる。

2020年に予定されていた通り、ナイル・ロジャース&シックがサポート・アクトを務め、グレイス・ジョーンズも出演することが決定している。チケットは現地時間12月4日午前10時より発売される。

「ハイド・パークに戻ってこられる新たな日程を発表できて嬉しいよ」とサイモン・ル・ボンは述べている。「これは僕たちの6年ぶりのロンドン公演で、ナイル・ロジャースとグレイス・ジョーンズという2組の音楽的ヒーローが出演者として参加してくれるのは光栄だよ」

「2020年の公演は延期しなければならなかったから、2021年のハイド・パーク公演は特別なものになると思っているんだ。みんなが経験した1年を経て、来年の夏は僕らにふさわしいパーティーにしようと思っているんだ」

2021年のブリティッシュ・サマー・タイムは他にパール・ジャムの公演だけが発表されており、デュラン・デュランの公演に先立つ7月9日・10日に過去最大のロンドン公演を行うことが決定している。

ピクシーズは7月9日のサポート・アクトとして出演し、アイドルズが7月10日のサポート・アクトとして出演する。

2020年のブリティッシュ・サマー・タイムはデュラン・デュランやパールはと共にテイラー・スウィフト、ケンドリック・ラマー、ポスト・マローンがヘッドライナーを務める予定となっていた。

「今年で8年目となる予定でしたが、世界でも最高の屋外会場で素晴らしくユニークな公演を多くのファンのためにやるのが楽しみにしていました。しかし、健康がまず第一にきます」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ