GETTY

Photo: GETTY

エディ・ヴァン・ヘイレンはジミ・ヘンドリックスをカヴァーした音源が公開されている。

“If 6 Was 9”のカヴァー音源はキーボーディストのデヴィッド・ガーフィールドが発掘したもので、リマスターされて、新たなEP『ギター・ヒーローズOTB vol.1』に収録される。

ヴァン・ヘイレンは先月咽頭ガンで亡くなっており、デヴィッド・ガーフィールドは『ギター・ワールド』誌にこのカヴァーがどうやって実現したかを語っている。

デヴィッド・ガーフィールドによれば、彼とエディ・ヴァン・ヘイレンはシガー・バーで出会ったとのことで、エディ・ヴァン・ヘイレンにTOTOのドラマーのジェフ・ポーカロとまとめようとしていたカヴァーに参加したいかを尋ねたところ、エディ・ヴァン・ヘイレンから「大賛成」という返事を得たという。

“If 6 Was 9”の音源は以下のサイトで聴くことができる。

https://www.guitarworld.com/news/hear-eddie-van-halen-get-cosmic-on-a-newly-unearthed-cover-of-jimi-hendrixs-if-6-was-9

「彼とこの曲に取り組むために彼の家に行ったんですけど、彼は本当にクールだったんだ」とデヴィッド・ガーフィールドは語っている。「僕らはキーボーディストとして同志愛を感じたんだ……僕らは連絡を取り続けて、たまに突然電話をくれることもあって、キーボード関係のことで助けを求めてくることもあった。キーボード・テックになって彼と一緒にツアーして、ステージ下で追加のキーボードを演奏する人物を探したこともあったんだ」

エディ・ヴァン・ヘイレンの死についてデヴィッド・ガーフィールドは次のように語っている。「あまりにも早い形で彼を失うことになって本当に残念だよ。もう一度、コラボレーションできたらと思っていたよ。安らかに」

先日、息子のウォルフガング・ヴァン・ヘイレンは先月父親が亡くなるまでの闘病生活について語っている。

ウォルフガング・ヴァン・ヘイレンはヴァン・ヘイレンの「クラシック・ラインナップでの再結成」ツアーが計画される中で父親の容態が悪くなっていったと説明している。再結成ツアーについてはヴァン・ヘイレンのマネージャーであるアーヴィング・エイゾフも先月言及していた。

今年のロックの殿堂入りの式典ではガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ、メタリカのカーク・ハメット、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロがエディ・ヴァン・ヘイレンに追悼の意を表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ