GETTY

Photo: GETTY

AC/DCのアンガス・ヤングはバンドのサウンドを変えない理由を語っている。

AC/DCは50年近くに及ぶキャリアを通して独自のギター中心のスタイルを貫いており、時に批判を受けることもあった。

オーストラリアのテレビ司会者であるワリード・アリーとのインタヴューでギタリストのアンガス・ヤングは「最善」を貫くために早い段階で決めていたと述べている。

「俺たちとしては当然のことなんだ」と彼は語っている。

「兄がよく言っていたのは、誰かに『どのアルバムも全部同じサウンドだな』と言われたら『ああ、同じバンドだからな』って答えるというものでね。始めた時から無駄なことをするつもりはなかったんだ。これが俺たちの最善なんだ。ロックンロールを作るんだよ」

彼は次のように続けている。「マルコムとだと、彼は常にロールしてくれるんだ。それが彼なんだよ。今回のアルバムでやった曲の多くは彼がずっと『これは完成させないといけない』と言っていた曲なんだ。彼はずっとアルバムとして出そうとしていたんだよ」

『NME』とのインタヴューでアンガス・ヤングは最新作『パワーアップ』について「マルコムのための」アルバムだとして次のように続けている。「彼の死は自分たちにとって大きな打撃だったけど、今も演奏している時は彼がそこにいるように感じるんだ」

「おかしく聞こえるかもしれないけど、ギターを弾いていると彼がコミュニケーションを取ってくれるように感じるんだ」

先日、ベーシストのクリフ・ウィリアムズはマルコム・ヤングが「見守ってくれて」いて、最新作を気に入ってくれるはずだと語っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ